守成クラブとは

守成とは

『創業は易し、守成なり難し』
「貞観政要」という中国の書物から引用した「創業守成」(守成は創業より難し)、同時に「先祖の 完成した事業を受け継いで守っていく」とする守成(史記)の言の2つを基に伊藤小一創設者が命名しました。

守成クラブの理念

『かけがえのない会社を潰してはならない』
この一点を貫き運営されている商売交流の全国組織です。単なる異業種交流とは違い、「商売繁盛」を前面に打ち出し、「本音で自社をPRし,互いに商売(実利)に徹して売上を伸ばす」ことを第一の目的としています。
会員同士が力を合わせ互いのマーケットを拡大すると共に、互いの商売繁盛を目指し実利に徹した商談を積極的に行うものです。その販路は全国に広がり続けています。

守成クラブの活動

『自分たちの市場は自分たちで創る』

・毎回大勢の参加者が集うことは、お互いにビジネスチャンスを広げること。

・毎回新しい参加者と出会えることは、互いのマーケットが更に広がること。

初めて出逢う多数の経営者と交換した1枚の名刺…。その名刺からやがてビッグなビジ ネスチャンスが生まれます。ビジネスは、行動なければ結果も生まれない。さぁ、あなたも経営者として踏み込んでみませんか。あなたの行動力と決断力をもっ て守成の扉をあけてください。がんばってる仲間が、がんばるあなたを待っています。

代表挨拶

こんにちは。守成クラブ「東京上野」代表の山下博司です。

守成クラブは、中小企業の経営者による異業種商談会を運営している全国組織の会です。
東京上野会場は2007年6月に設立され、今年で10周年を迎える歴史ある会場です。

当会場の会員数は120社を超え、東京近郊の会員さんが多く所属しております。

北の玄関ともいわれる上野駅近くの会場で、 参加者間での商談を主とした例会「仕事バンバンプラザ」を毎月第二木曜日に開催しています。
(第二木曜日から変更になる場合がございます。)
守成クラブで出会った仲間と信頼を築き、感謝しあえる経営者集団を目指しています。

 

東京上野会場では「 感謝しあえる仲間づくりを通して、ビジネスに発展と開発を。」をテーマに、
守成クラブの理念である「 一人はみんなのために、みんなは一人のために。」を実践すべく、
お互いを知り、理解し、認め合い、信頼を築き、感謝しあえる仲間づくりができるよう、 コミュニケーションのとりやすい会場運営を目指します。
その結果として、活気ある雰囲気のもとビジネス・商談を積み重ねることで、 ビジネスの発展のみならず、ビジネスの開発にも繋がればと願っております。

 

また、ここで大切にしていきたい「コミュニケーション」とは、単に対話を指すのではなく、
それぞれの経営者が過去の経験から形成された価値観(考え方、将来への想いやビジョンなど)を基に、
経営者同士が本音で語り合うことで「自分への気づき」と「他者への気づき」を生み出し、
相互に成長や前進を促す「真のコミュニケーション」となることが目的以上の価値だと考えております。

 

新しい出逢い、新しいビジネスチャンスを求めている方、
ぜひ守成クラブ東京上野にご入会いただき、 感謝しあえる仲間づくりしながら共に頑張ってまいりましょう!

守成クラブ東京上野の例会を体験して頂くために、ゲストとして1回のみ参加可能です。
心より皆様のご参加をお待ちしております。

 

守成クラブ東京上野 代表 山下博司